どっちでもいいは女性に負のレッテルを張られる

あなたは

デートをしていて

しっかりと物事を決断していますか?

例えば、

食事をする店など相手に

「どこに行く?」

と聞かれたら何て答えますか?

「どこでもいいよ、好きなとこ決めて」

などと相手任せにしていませんか?

もしそうならこれはダメです。

自分の意見を持たない優柔不断な男と思われてしまう。

相手に合わせる気持ちは大事ですが、

必ず自分の意見を述べる癖をつけておきましょう。

例えば相手が、

パスタかお好み焼きが食べたいと言ってきたら

あなたは必ず片方の選択をしなければなりません。

ただ、

「じゃあパスタで」

と単純に答えるのではなく、

「この前、お好み焼きたべたしなぁ、じゃあパスタで」

というようにしっかりと理由を付け足してください。

そうすることにより、

しっかりと物事を考えて決断をするという

イメージがつきますので。

もちろん、

臨機応変にその時々の状況に順応させてくださいね。

例えば、

その子が相当お好み焼きを食べたそうな場合でしたら

「でも、お好み焼き食べたそうだから、そこでもいいよ

我慢してやるよ(笑)」

みたいな感じで。

とにかく

どっちでもいいというような

自分を持たない発言は避けましょう。

ここまで述べてきたような

選択肢を与えられた場合は何とかできますよね?

ただ

ちょっと難しいのは、

相手がチョイスするものを与えてくれない時です。

「今日これからどこに食事しにいく?」

などといった質問だったとしたら

「こっちがいい」とは選べませんよね?

選択肢がないわけですから。

こういったケースの場合は、

まず相手に要求を聞いてください。

「どこに行きたい?」

そこで相手が何か指定してきたら

「あ、いいかもね。
 言われたらそこに行きたくなってきた(笑)
 しばらくそういうもの食べてないしな。」

といった感じにもっていけば

一緒に考えて決断をした方向にまとまります。

しかし、

相手が指定してこないことも考えられます。

その時は、

「じゃあ、一つずつ何か食い物を言おう、

それで名前の短い方にするってのはどう?

例えばラーメンと、うどんなら

うどんに決定っていうことで(笑)」

このように相手にも意見を出させ、

自分も出す。

そうすれば、決断に困ることないですよね?

そのやりとり自体おもしろいですよ(笑)

最もダメなのは、

困って一人で考えて

時間を無駄に使うことです。

その時間が長ければながいほど

優柔不断レッテルを貼られてしまいます。

自分一人で決めようとするからいけないのです。

相手任せにさえしなければ

質問をして、

意見を挙げさせ、

そして特に自分の意見がなければ

理由を述べて賛同すればいいのです。

そこを勘違いして、

決断する能力がないと思われるのが怖く

相手に任せっきりになったり、

一人でぐずぐず考えてその結果、

答えが出なかったりといったケースに

陥る人が多いようです。

選択肢がある場合とない場合の

要点さえ押さえておけば

そういったことはなくなるはずです。

しっかりと念頭に入れておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です