モテる男にステップアップしていく中でたまにしなければならないこと

よく、

「上だけを見ろ」

といっている経営者などを目にしますが、

私は間違っていると思う。

響きはとてもかっこよく聞こえがちですが、

上だけを見ていたら疲れてしまう時期が必ず訪れます。

例えば、

モテる男を目指すにしても

周囲の一番モテてている人を目標にし、

その人だけを見ていてもモチベーションが保てません。

一気にその人を超えることなんて出来ないからです。

自分が少しでも成長したときには、

実感が必要なのです。      

しかし、

自分の上ばかりを見ていると、

「オレってまだ全然ダメじゃん」

と自信を失い、

徐々にモチベーションが低下していく

傾向になりがちです。

これではステップアップしていく際に、

スピードダウンをしてしまう。

ですので、

たまには下を見て、自信をつけ、

モチベーションを保つ必要があるのです。

私が、ホストになりたてのときは、

もちろんペーペーでした。

目標である、

店のNO1ホストを常に見ていたのですが、

一気にその人の場所へなんていけるわけがありません。

私がNO10入りを果たした時点でも、

そのNO1ホストとはかなりの差があったわけです。

その時の私のモチベーションはというと、

NO1を獲ると心に誓った頃に比べ、

かなり低下していました。

それは、

自分が成長したことに気づいていなかったからです。

本来ならすさまじい成長なんですよね。

TOP10入りを果たすことなんて、

高校時代までの私からしたら、

別次元のことでしたので。

それでも、

上ばかり見ていた結果気づかなかったのです。

では、

どこで気づくことができ、

モチベーションをあげることができたのかというと、

大学のサークルの飲み会でした。

そこでは、

ただ毎日、同じ仲間としゃべくったり、

ゲームをしたりと何も目標を持たず、

ダラダラと時を過ごすような人が大勢いたわけです。

今の日本の大学の実態を表していますね(笑)

そこに私が入ったら、

尊敬の眼差しで見られることが出来るのです。

それはそうですよね。

同じ大学生にして、

私はNO10入りを果たしたホストで、

結構な収入もあったわけですから、

その人たちからしたら別次元だったわけです。

その時に、

「オレって結構すごいじゃん、成長してるな、
 もっとがんばろ」

という感じで自分の成長に気づくことができ、

更にこんなやつらなんか別次元で

オレはこいつらとは違うと

かなりひねくれてはいますが、

自分より下の人を見て、

反面教師にし、モチベーションを上げ、

更に上を目指すための努力に

加速をつけることが出来たのです。

それからというもの、

月に一度はその飲み会に出席しましたよ(笑)

その甲斐もあってか、

それからはモチベーションを保ち続けることができ、

順調にNO1への階段を登っていくことが出来ました。

もし、

上ばかりを見ていたら、

途中で妥協をしていたかもしれません。

相当疲れますからね。

例えば、

ある小学生が世界一のお金持ちになることを目標にし、

ビルゲイツばかりを追っていても、

モチベーションは続きませんよね。

たまには下も見ることです。

上には上がいるのと同様、

下には下がいくらでもいますからね。

自分が不幸な目にあったとき、

更に不幸な人を見て、

少し救われた気持ちになったことありませんか?

その原理と同じです。

たまには下も見ましょう。

あくまで、たまにですよ。

下ばかりを見るようになっては、

本末転倒ですからね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です