他の男より10倍いい男として見られる為に

あなたは、

ターゲットに誰かの悪口を言われたとき、

どういう風に対応していますか?

こういうケースって結構あるんですよね。

悪口をいうような子は好きにならないし、

ターゲットにもしないという人は、

今回はもう購読される必要ないでしょう。

お疲れ様でした。

では、

引き続き読まれているあなたに解説します。

ターゲットがあなたに対して、

第三者の悪口を言ってきた場合、

一緒になってその人の愚痴を言い合い、

盛り上がってはいけません。

それが、

もし、あなたの共通の知り合いで、

あなた自身気に入らない人間で

あっても決してダメです。

綺麗ごとを言っているのではありません。

ターゲットを落とす上で非常に不利になるからです。

確かに相手は、

一緒になって言ってほしいという願望を持っている

場合が多いです。

しかし、

それにのってしまったら、

仲良くはなれるかもしれませんが、

自分のかっこよさをアピールすることはできません。

お互いストレス解消をし、

気持ちよくなって終わりです。

相手を気持ちよくさせるという

目的は果たせるかもしれませんが、

それでは、

相手にとってあなたは

ストレス解消の道具に過ぎないのです。

ですので、

そんなことで利用されてもバカを見るだけです。

なので、

利用されず、その愚痴を逆に利用し、

自分の印象を良くする方法をお伝えします。

例えば、

「○○君下ネタが多くて困るんだよね。
ホントにああいう人って最悪だよ。」

とターゲットに言われたとします。

この○○君というのが、

あなたの知っている人で、

しかも気に入らない人間なら

内心うれしくなりますよね?

こういった状況での対応の仕方で、

人と大きく差が出ます。

ほとんどの人は、

「マジで~?そういうの最悪だよな。ありえねぇ」

などと、否定的要素を上乗せして返しています。

しかし、

これでは自分のPRは何もできていませんよね。

だって多くの人と同じ返しをしているわけですから、

特に何かプラスとして

目立つポイントなんてないわけです。

それに、

お互い気持ちよくはなれますが、

相手から見たら、かっこいい存在には映りません。

むしろかっこわるく反映してしまう。

「自分からふっておいてそれはないだろ」

と思うかもしれませんが、

人の心理のメカニズムとは

そういう風に出来ているので仕方がありません。

ですので、

一緒になって悪口を言ってストレス解消をし、

優越感に浸りたいといった欲望に負けないことです。

それに打ち勝ったら、相手にのってしまうということは

避けられますよね?

そしたら次です。

相手が愚痴を言っているときというのは

自分のことを肯定してほしいときでもあるのです。

その部分意識して返します。

例えば、

「そうなんだ。やっぱそういう子の方がいいな(笑)

「えっどういうこと?」

だいたいこうなりますよね。

「最近、女の子が積極的になってるらしく、
 下ねたにどんどんのってくる人とか多いらしいじゃん、
 そういう人よりも、○○ちゃんみたいに、きゃ~はずかしい
 みたいな感じの方がやっぱいいよ(笑)
 育ちがいい感じがするしな(笑)
 女の子に、さぁ来いモードでのられても反応に困るよ。
 オレが下ネタをふるって言う意味じゃないから
 誤解すんなよ(笑)」

下ねたにのる女の子が多いかどうかなんて知りません。

私が勝手に作りました(笑)

このように、

悪口を言われている当人をはずし、

その内容から相手のプラスポイントを拾う。

そして架空の人間と比較をし、

理由を述べて褒めるもしくは、

自分はあなたを肯定しているという形にもっていくことで、

軽くのってしまうそこらへんの男達と、差別化を図れ、

差をつけることが出来ます。

愚痴というのは相手が

感想を述べているということですので、

そこから本人を会話にねじ込むことは、

比較的簡単に出来ますので練習しておくといいでしょう。

(参考例)
アイスクリームを食べたけどまずくて最悪

アイスクリームを食べるところが女っぽい、
最近はアイスクリームよりキムチが好きってこが多い

電車のサラリーマンの匂いがきつかった。

綺麗好きなんだ。
最近は不潔なギャルとかが話題になってるだけに女を感じる

いくらでも第三と比較をし、

肯定することができますよね。

一緒になって悪口のオンパレード大会をするほうが、

気持ちいいのですが、

相手を落とすことを考えるとはるかにこちらの方が

得です。

最初の例では、

共通の知り合いの場合を出しましたが、

自分の知らない人間でも同じことです。

意識しておいて下さい。

学生時代、こんなことがありました。

サークルで20人くらいの男女で食事をしているとき、

ある女の子が、

その場にはいない男の悪口を言いはじめたのですが、

それにのって盛り上がっている男が

12人中10人いました。

ということは、

大多数が損をしているということになります。

統計的にみると、

私が述べてきた対処法を知り、

実践すれば人より約10倍差をつけられるということです。

それだけ多くの人が

犯している過ちだからです。

ですので

あなたは差をつけられる側よりつける側に

まわってしまいましょう。

簡単なことですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です