女性とのきっかけ作りの為のサプライズ→質問→かっこよさ

女の子の方から

あなたへ質問をしてくれたほうが

自ら質問をし、会話を展開させるより楽ですよね?

朝、会社や学校へ行ったとき、

気に入っている子に、何か話しかけてほしいと

思ったことはありませんか?

今回は相手から質問をしたくなるような

演出方法をお伝えしていきます。

まず相手に話しかけてもらうには、

何か聞きたくなるような材料を

自分が持ってる必要があります。

あなたを見ただけで聞きたくなるようなものです。

こんな経験ありませんか?

「どうしたの?」と誰かに会ったとき

質問をせずにはいられなくなったシチュエーション。

それをあらかじめ作っておくのです。

「そんな無茶な」と思うかもしれませんが、

その無茶をしてしまいましょう。

簡単ですから。

誰が見ても分かるような怪我をあなたがすれば

知り合いなら、かなりの確率で

「どうしたの~?」

と聞いてくるはずです。

だったら、それを実行するまでです。

実行すると言っても本当にあなたが

怪我をする必要はありませんからね(笑)

相手にあなたが怪我をしたと思われればいいだけですから。

一番手っ取り早い方法は、

骨折をした時などに用いる腕を首から

吊るのがベストでしょう。

前に、

元サッカー日本代表の中田英寿選手が

腕を捻挫したときにしていたような感じに。

実際に2,3日で直る怪我でも

負担をかけないようにするために大げさなんだけれども

そのように処置をすることがあるらしいので

こちらとしても都合がいいのではないでしょうか。

相手に骨折したとは言えませんからね(笑)

では実際に例に出して、

怪我の演出をターゲットにする方法を

挙げます。

女「どうしたの~?」

男「昨日、ビリヤードしてたらショットする時、
  おもいっきりひねってさぁ、それで捻挫、
  2、3日でよくなるらしいんだけど
  それまでは使えないんだよ、
  マジで不自由で参るね。
  てかかっこわり~」

女「大丈夫なの?」

男「大丈夫じゃないよ、朝、飯作るのに
  一苦労だったよ。
  何回フライパンに八つ当たりしたことか(笑)」

女「ハハハッ、
  でもたいしたことなくてよかったね(笑)」

男「だから、たいしたことだって、
  着替えるのにも服と格闘だからね(笑)

女「ハハッ、そんな元気なら大丈夫だよ(笑)」

男「もういいよ、そんなことよりさぁ、
  今、フライパンで思い出したんだけど
 チャーハンの隠し味って何使えば旨くなるの?
 友達でスゲー上手い奴がいて聞いたら
 隠し味だからって教えてくれないんだよ(笑) 

このように、

初めに大きく印象付けるために

サプライズを与え、

質問をさせ、

それに答える内容がビリヤードなど

ちょっとかっこいいものをチョイスすることにより

好印象を与えることが出来ます。

そして何より

その後の会話の材料になります。

先ほどの内容に補足で説明すると、

怪我をしてかっこ悪いと自分で照れながら言うことにより、

気取ってない雰囲気が出ると同時に、

相手に突っ込みやすい状況をかもし出すという

効果がありますので、そこのところ

意識しておいたらいいでしょう。

かっこいいのと

少しドジというギャップを創作するのです。

やはりギャップというのは、

男女共、魅力という要素の一つですからね。

この方法を活用することにより、

あまり仲良くない関係の相手なら

お近づきになれるチャンスを得られるし、

仲の良い関係なら更に親密になれるのではないでしょうか。

本当に話すネタに困っている人は、

使う価値ありだと思いますね。

実際に、

私のクライアントでも多数の人がこの方法を

活用し、何歩か前進できていますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です