女性とのイベントは待つのではなく作ってしまえ

女性って、

クリスマス、バレンタイン、

付き合って1周年などの

イベントごとが好きですよね。

そのイベントで

一緒に過ごした人に対して、

特別な感覚を抱きやすい。

だったら、

そのようなイベントを自ら作ってしまえばいい。

要は、

特別な日という意味合いを持たせればいいだけなので。

私が、以前使ったものですが、

自分を変えるためにある資格を取りたいということを

ターゲットに伝えました。

そして、

その資格を取るために勉強をしなければならないため、

試験が終わるまで、

プライベートでは誰とも会うのをやめると言っておき、

終わったその日に、

「今日、飲み行かない??試験さっき終わって、

久しぶりにぱ~っと遊びたい気分。」

このメールをターゲットに打ったわけです。

この日に、

相手が時間の都合をつけられなくてもそれが

目的ではないので、

このような急なお誘いでよかったのです。

人と会わずに勉強をするくらいの決意で望んだものが

終わったことをいち早く知らせたということを

伝えるのが目的でしたので。

そうすることによって相手は、

他の人より自分を選んだという風に

とらえてくれる可能背が大です。

そして、

誘ったその日は都合がつかなくても、

ターゲットと試験が終わってから

飲みに行った時に、

「久しぶりに遊んでるっていう感じがする。

ホント、疲れた。」

このように、

試験が終わってから初めて遊ぶ相手は君という

ことを伝えておく。

その日は特別な日という意味で。

間違っても、

「試験が終わったら一番初めに

○○ちゃんを誘おうって決めてたんだよね。」

なんて重苦しいことを言ってはなりません。

何か

簡単に手に入るような男に見えません??

それにがっついている感じがする。

余裕がない。

なので、

そこのところは気をつけてくださいね。

さりげなくです。

相手に、

好意を持っていることを分かってほしいあまり、

焦ってしまっている人に

このような失敗が多い。

話を戻して、

私はこうやってイベントを作ったのですが、

ホント、

イベントなんて簡単に作れます。

要は、

特別な人しか選ばないというところがポイントです。

私の例で言うと、

疲れ果てた時に、

一目散に選んだ相手という形をとっています。

そこの

部分を気をつけさえすれば、

どんなイベントでもOKです。

例えば、

自分の親しい友人がよくない病気をして、

来週命をかけた手術に望むでもいい。

それが成功して、

嬉しくなって一目散にあなたのターゲットを

飲みにでも誘ったら、

それは結構なイベントですよね。

成功イベントとでも言うのでしょうか。

手術をする前から、

心配で悩んでいるところを

相手に見せておけば、

成功して一緒に喜んだら、それは相手からしても

一緒になって何かを乗り越えたという感じで、

いい意味で錯覚してくれる。

実際はウソだとしても。立派なイベントです(笑)

ウソでも親密度が上がる効果は抜群です。

実証済みですからね。(笑)

このように、イベントは待つのではなく、

作ってしまうほうが早い。

イベントを待っている人は作ってしまおう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です