お気に入りの子と秘密の共有をする為に創作する技

人間というのは、秘密を共有することにより、

親密になれます。

優越感の一種ですね。

秘密として得た情報というのは

限られた人しか握ることのできないモノ

という感覚になります。

ですので、

それを持っている者同士というのは非常に

親しくなれるわけです。

これが、

男女1:1で、

その二人しか持っていない、

自分達の表には出せない情報を共有した時、

その二人の関係はとても

親密なものになるでしょう。

こういう言い方をすれば、

何か非常に難しく聞こえますが、

とても簡単なものです。

その情報材料は、

ちょっとしたものでいいのです。

例えば、会社の同僚なら、

上司が隠してあった頂き物のワインを自分が発見したため、

そのうちの一本をもらったことにし、

ターゲットと一緒に飲むのもいいですし、

ワインじゃなくても、お菓子でもいいですね。

一箱用意しておいて、

ターゲットと二人きりになるのを見計らって、

「これ、名前は言えないけど、会社での頂き物を
 独占しようとしてた上の人が隠してるのを見つけて
 口止め料にもらった(笑)
 食う?(笑)
 やっべー口止め料にもらったのに言っちゃった。
 絶対内緒な。ていうか聞いたんだから共犯だよ(笑)」

こんな風に必然的にもっていけば、

自分達だけの内密物というものができ、

仲良くなりやすいですよね。

そしてその後も使えます。

例えば次の日、

「昨日のあれのせいで、腹の調子が悪いよ、
 罰が当たったのかなぁ?(笑)
 ○○ちゃんは何か当たらなかった?」

などと会話のネタとして第2ステップに注ぎ込める。

それらの状況を自然に起こるのを待っていても

ドラマではないのでそうそうやってきません。

ならば作ってしまったほうが

手っ取り早いのではないでしょうか?

あなたが実行される場合は、

本当に知られたらまずいことを材料にすることは

しないでくださいね。(笑)

その相手からバレる可能性がありますので。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です