女性に魂胆がバレないようにする為の自己注入法

私の知人で、夜景の穴場に女の子を連れて行き、

そのターゲットに、

「ここへ自分以外の人を連れてくるのは初めてなんだよ」

と言い、その女の子を特別扱いしてアピールするといった

方法をとっている人がいますが、

はたしてその方法は有効であるのか?

答えはNOです。

彼は決定的なミスを犯しています。

それは何か?

自分を含めていないことです。

どういうことかというと、

その場所へ連れてきたのはあなただけではなく、

自分も初めて来るという設定にしておくべきなのです。

お互い初めての経験を一緒に行うほうが、

GETする際のアピール方法としては

好ましいのです。

付き合ってからの場合だったら問題はないでしょうが、

その段階にいけていない場合だと、

何かいやらしい感じがする。

君のためにオーラが必要以上に出すぎて

何か相手に重圧がのしかかってしまいます。

それに気に入られようと魂胆丸出しで

感動がうすれてしまう。

ですので、こういった場合は、

「友達がここ毎日、いい夜景のスポットが
 あるから行ってみって、
 相当勧めるから行ってみたいんだけど
 ちょっと付き合ってよ、
 男一人で行くのも不気味だろ(笑)」

といった感じに、

自分もそこへ行くのは初めてだということを相手に

認識させた上で一緒に行くほうが気取ってなくていいと思う。

それにお互いに

初めての経験を一緒にしたときというのは、

新密度がアップします。

それは、

まだ関係が浅ければ浅いほど度合いが増します。

片方が経験ありという状態より

はるかに効果があるのです。

話を戻すと、目的の場に着いたら、

そこで今度は、

「女の子とこういうとこ来るの初めてで
 なんか緊張するな。
 女の子と来るとこういう感じなんだ(笑)」

とさりげなくジョークを飛ばしつつ、さりげなく、

特別扱いをしていると言うアクセントを利かせることで、

盛り上がれるし、相手の優越感をくすぐる効果にもつながります。

こういったことから、

GETできていず、

これからモノにしようとしているターゲットに対しては、

出来るだけ、お互い、初体験

という状況を作り出すとよいでしょう。

もちろん、

自分が経験あることでも、

それはあえて初体験と言う演出をしてもいいと思います。

私の場合はほとんどが演出ですから(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です