女性を落とせる確率が減ってしまわない為に

夕べ

あるモテ系の教材を読んでいたら

こんなことが書かれていました。

「合コンで狙っている子と連絡先を
交換したらとりあえず会う約束をしないといけない」と。

その理由には、

自分以外に狙っている人がいた場合

先をこされたらまずいからだと述べておりましたが

私はそれは間違っていると思います。

大事な部分が欠如しているのです。

いくら早くターゲットと会ったとしても

親密になっていなければ意味がないからです。

いかに早く会うことよりも

いかに早く仲良くなるかということを

先にしなければなりません。

この内容をを聞くと、

「それには会って一緒に遊ぶのが一番手っ取り早い

んじゃないか」と思うかもしれませんが

一緒に遊んでいるときに楽しくなければ

意味がありません。

それには

以前説明したような

メール、電話などでのテクニックを使い

親密になり、お互い笑って話せる

共通の話題を作ってからの方が

デートも楽しくなるはずです。

そして次にまたつながる。

それに比べ、

何も考えずタダ単に会ってしまうと

話すことはない、気を使いあってばかりいて

ぎこちないという流れ。

これでは女の子に

「この人と一緒にいたら疲れてしまう」という印象が

根付いてしまう。

それによって

次のアポを取ろうと電話やメールをしても

返信がない、

もしくは

言い訳がましい理由でかわされてしまいます。

そしたら後は連絡を取らなくなって

関係は終わり。

多くの人がこのような失敗をしています。

むしろ、

ライバルが先にデートをしてくれたほうが

こちらとしては都合がいいのです。

だって、

明らかにその人は確率的に

良くないことをしてくれているのですから。

もし、

それで相手が上手くいった場合は

先に会う以前で負けていたことになります。

合コンの現場での勝負、

その後の電話などでのPR活動など。

そうならないためには、

ターゲットと会う前にいかに早く

仲良くなることです。

私のノウハウを以前から勉強されている方は

その方法とコツはお分かりですよね?

そうでない人は、

目次より購読してみてくださいね。

間違った方法を直しただけで

かなりの効果があるはずですよ。

今回、強く言いたいことは

仲良くなってもいないのに焦ってデートをするな

ということです。

お互い笑い合って話せるような共通の

話題を事前に作ってからのほうが

はるかに会ったときの進行がスムースになり、

次にもつながりGETできる確率も

数段に増すはずですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です